まだAT/MT免許で消耗してるの?

生活

先日久々の免許更新に行ってきました。

普段はほぼ運転しないので違反もなく、無事更新完了。


今日は免許更新において着想したことを話ます。

合理的に考えてAT限定

おのぼりはアラサー男性ですが、免許はAT限定です。


平成生まれの我々世代は「男はMT!」という謎文化の名残がギリ残っており、

男友達の多くはMT免許を取得していました。


私は自動車学校に通い始めたのは大学4年の時だったのですが、

その際友人に聞いてみると「MT車にはほぼ乗ってない」と言っていたため、

迷わずATを選びました。


エンストや坂道発進とも無縁、

AT限定は女性教官も多く自動車学校は楽しいドライブの時間でした(笑)



もちろん取得後に「MT取ればよかった~!」と後悔することは皆無です。

そもそも運転がオワコンに

あれから約10年、時代は令和。


今やATのバスやタクシーも珍しくなく、MT車はどんどん過去のものとなっています。


それどころか、自動運転の進化が加速して

「人が運転する」という行為自体が無くなろうとしてますね。


おそらく今からMTを取る人はよっぽどのモノ好き扱いされるのではないでしょうか?

ATを小馬鹿にしていたMT信者のオジサン達が若者にやり返される日も遠くはないでしょう。


ちょっと前までは

「走る喜び」とか言っていた自動車メーカーも

加速する時流に危機感を感じたのか自動運転にガンガン力を入れていますよね。

身分証明書としてもオワコンに

身分証としての免許もオワコンになるでしょう。


マイナンバーの普及率は現在約30%

遅かれ早かれマイナンバーカードは必須になるでしょう。



そもそも今まで免許証という任意取得のものが

身分証の筆頭格として使われていたのがどうかしてます。




私が駐在していた中東の国では

老若男女外国人問わず全員が国から発行されるIDカードを持たされており、

それを使って全てワンストップで管理されていたので非常に便利でした。

アメリカや中国でも統一規格の番号がないと生きていけませんよね。


日本も早くマイナンバーを強制的に普及させて、

税金や社会保障、進学や就職など全てにマイナンバーが必要になることを願っています。

そんな管理社会はおかしい!

という方もいますが、

むしろ「統一IDなし運営するなんて不可能」と思いませんか?


会社なら必ず社員番号があるように、

1億人以上いる組織を合理的に運営するなら統一規格の番号は必須です。


さらにこれからどんどん人口減少する日本において、

行政の効率化は避けては通れませんよね。

まとめ

免許更新の際に少し考えたことでした。

おそらく10年後ぐらいには

昔の運転免許ってATとMTがあってさ~

え~!
その頃って人が運転してたの!?

となっていることでしょう。


自動運転が普及すれば事故もどんどん減り物流も効率化されるので、

自動運転で一変した世界がとても楽しみです!


以上!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました