ウェディングドレスお直しレポート @えななウェディング

Uncategorized

こんにちは、おのぼりです!

元々は今日までだった緊急事態宣言も31日まで延長となったので、
まだまだ我慢の時間が続きそうですが、元気に更新していきます。

今日は初めてのウェディングネタ。

過去記事でプロポーズについて少し触れましたが、
今回はウェディングドレスのお直しについて書きたいと思います。

アラサーのおじさんがどうした・・・?
と思われたかもしれませんが、お付き合いくださいませ。

式場レンタルvs持ち込み

結婚式準備で最も悩むポイントの1つ「ドレス選び」

結婚式場提携のドレスショップからのレンタルがポピュラーですが、
最近はメルカリのような個人間売買もメジャーになっているため、
「自分で用意して持ち込む」という選択肢もあります。

我が家はどちらも検討しましたが、両者を比べるとこのような形。

レンタル持ち込み
費用ドレスのグレードによる
(追加料金0~20万ぐらい)
購入費用(数万円~数十万円)
+式場持ち込み料(3~5万円)
労力選ぶだけなので楽購入、サイズ直し、保管、式場への発送等
種類限られている
(追加料金なしのドレスは微妙なのが多い)
選択肢は無限大

式場提携のドレスショップに足を運び何度か試着をしてみましたが、
妻がドンピシャで気に入るものがなく、我が家は持ち込みを決意。

狙っていたドレス「VERA WANG」

妻が色々調べていたところ、VERA WANGというブランドのドレスにときめいたようです。

NY発のアメリカのブランドで、
バレリーナやオフェリアが代表的な型のようです。

日本では石原さとみがドラマで着用してから人気沸騰。

「失恋ショコラティエ」ではHAYLEYを、
「高嶺の花」ではWAVERLYを着用していたようです。

妻の目当てはLISAというドレスでしたが、メルカリで15万円程度で売っていたのを購入。

後で聞いて驚いたのですが、ウェディングドレスって新品で買うと数十万らしいです。

VERA WANGのようなハイクラスのドレスは式場レンタルでは相当な価格になるので、
うまくリセールできるとお得に素敵なドレスを着られるかと思います。

レンタル=グレードアップ価格
持ち込み=購入費用+サイズ直し費用+持ち込み料ーリセール価格

えななポケッツでサイズ直し

購入したドレスはサイズが大きかったため、ドレスのサイズ直しを探したところ、
「えななポケッツ」というアトリエが界隈では有名なようです。
最近移転したので注意!京王線「京王よみうりランド」から車で送迎してくれます)

インスタでも有名ですし、
メルカリにも「えななさんでお直ししました」というコメントが多数ありました。


私もサイズ直しにお供していきましたが、
こじんまりとしたアトリエにズラリと並ぶVERA WANGのドレス。

後から聞いてみましたが、最近はVERA WANGの扱いが非常に多く、
その中でもHEYLEYとLIESELのお直しが多いようです。


アトリエは民家を改装しており、事務所と保管所を兼ねているようです。
温度や湿度、日当たりはコントロールされており、ドレスの保管も大丈夫そうです。

店長さんは元々はウェディング業界ではなかったそうですが、
転身してドレスインナーからコツコツと積み上げて今に至るそうです。

アシスタントの方もクールで感じが良く、妻も満足そうでした。

サイズ直しのお見積り

今回はサイズ直しと保管、クリーニングを依頼しましたが、見積はこんな感じです。
トータル税込み60,000円ちょっと。

  • ドレスお直し 24,000
  • ボーン調整 1,500
  • パニエ加工 6,000
  • ドレスプレス 6,000
  • クリーニング 15,000

今回直したのは上半身だけで裾まわりはそのままなので、
全体的に直す場合はもう少し費用がかかるようです。

仕上がりまでは約2週間、仕事も丁寧で対応も良く、非常に満足度が高かったです。

まとめ

読んでいただきありがとうございます。

一生に1回しか触れないであろう、ウェディングドレスのサイズ直しについてでした。

花嫁の皆様は色々悩むことはあるかと思いますが、
自分がときめいたドレスにはとことんこだわっちゃいましょう!

新郎の皆様も、一生の思い出に残るものなので2人で楽しく進めていきましょう。

次回があるかは分かりませんが、初のウェディングネタでした!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました