【速報】FP3級試験 (2021年5月)受けてきました!

生活

こんにちは、おのぼりです!


今日はFP3級試験を受けに行っていたので、

試験の内容と受けた感想について記事にします。

当日の流れ

今回初めての受験だったのですが、当日の流れはコチラ。

  • 学科試験 (60問)
    9:40 集合
    10:00~12:00 試験 (11:00~11:50は途中退出可)
  • 実技試験 (20問)
    13:10 集合
    13:30~14:30 試験 (途中退出不可)

学科試験は選択式60問に対して2時間も試験時間があり時間が余るので、

試験開始後1時間で途中退出可能となっています。


私の試験会場においては、半分~3分の2程度の人が1時間で退出していました。


一方で実技試験は途中退出不可。

こちらは問題も計算系なので、ちょうど良いぐらいです。

自己採点

学科、実技ともにそれな勘りに時間が余ったので、

自己採点で確認しようと思って、問題を以下3つに分類しました。

◎:確実に正解している自信があるもの
〇:なんとなく自信はあるが、100%ではないもの
△:完全に勘

自分の理解と解答の差

学科も実技も合格ラインは正答率60%ですが、

私の内訳はコチラ。

問題数自己採点正答率
学科60417124982%
実技2012441680%

◎カテゴリのものはほぼ全て正解で、

残りの〇と△から拾った結果、自己採点上は合格のようです。


マークミス等がなければ、晴れて私もFP3級デビューできそうです!

FPを受けようと思ったワケ

ここから先は後書き。


金融業に全く縁のない私がFP試験を受けようと思ったきっかけは、

マンション購入


住宅購入には、ローン・保険・税金・不動産・相続・贈与など、

人生において必要なマネーリテラシーがありとあらゆるところに散りばめられています。



私も購入にあたってかなり詳しく調べ、

専門家の有料相談も利用してライフプランニングを行いました。


おかげでそれなりに知識はついたものの、

知識が断片的かつ曖昧だったのが気持ち悪かったので受験を決意。


結果、

今まで取っ散らかっていた知識が体系的に整理され、

非常に有意義な資格取得となりました(まだ結果は出てませんが)


ちなみに、今回利用したテキストはこちら。


元々マンション購入でかなり予備知識はあったので、

不足知識の補填と試験対策で勉強期間は3か月程度でした。

まとめ

税理士の大河内薫先生のvoicyでも度々話されますが、

なんと社会人の平均勉強時間は6分!

多くの人は社会に出たとたんに学ぶことを止めてしまいます。


しかし今の日本は、

コロナはもちろん少子化、自然災害、差別、格差など様々な問題がある一方、

国の力はどんどん弱まっており、
自分を助けてくれるのは自分だけ。



そんな令和の時代を強く生きていくには学ぶしかないのです。

今回はFP3級を取りましたが、これからも学び続けていきたいと思います!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました