三日坊主克服! 習慣化のための3ステップ

生活

かの文豪、三島由紀夫はこう言いました。

精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ。

ダイエットや英会話、ブログ等、

新しいことを始めても失速してしまう経験はありませんか?


ブログを始めて約3か月

これまで60記事近く書いてきましたが、習慣づけの大変さが身に染みています。


三日坊主と揶揄されがちですが、

実はこの三日坊主というものは

人間の「変化を嫌う」という本能によるものなのです。

習慣化への3ステップ

三島由紀夫が「怪物」と言うほどの「習慣」ですが、

細かく分解してみると3ステップに分かれます。

  1. 反発期
  2. 不安定期
  3. 倦怠期

反発期

新しいことを始めてから1週間~10日程度、

「とにかくやめたい」時期です。


脳が「なにいつもと違う事してんだよ!」と現状維持しようと働くのです。


この時期を乗り切るには、

とにかく目標は小さく、ハードルは低くすること。

  • ランニング=着替えて外に出ればOK
  • 英語=単語帳を開けば合格
  • ブログ=タイトルと見出し考えれば100点

といった具合です。


とにかく生活の中に何かしらの形で組み込むことで、

脳にその新しいことを「日常」と思い込ませるのです。

不安定期

初めて3週間~1ヶ月程度で訪れる不安定期。


反発期で脳をハックできたらある程度軌道に乗りますが、

病気や飲み会、仕事のトラブル等の想定外の出来事に弱いのが不安定期。


よちよち歩きの赤ちゃんのように、外部要因でペースが乱れて辞めてしまうのです。


不安定期を乗り切るコツは「ほどよく例外を認めること」


飲み会がある日は朝に勉強するとか、

仕事の繁忙期は無理せずペースを落とすとか。


ここで無理をしてしまうと脳が拒絶反応を起こして、

行動を起こすこと自体が嫌になってしまいます。

倦怠期

1ヶ月以上経ったら訪れるのが倦怠期。

いわゆる「飽きる」時期です。



同じことの繰り返しで、脳が

「これ続ける意味ある?」

と考えてしまう時期です。


倦怠期を乗り越えるコツは「小さな変化」

  • ランニング=コースを変えてみる
  • 英語=教材を変えてみる
  • ブログ=普段書かないネタを書いてみる

「小さな」というのがミソで、


最初に述べた通り脳は新しいことを嫌がるので、

ランニングを習慣づけたいのにトライアスロンをするのは変化が大きすぎますよね。


あくまで小さく、小刻みに変化を入れて脳を飽きさせない工夫をしましょう。

まとめ

習慣化への3ステップ、皆さんはどこでつまづくことが多いでしょうか?


私は2番目の不安定期。


几帳面で完璧主義タイプなので、

予期せぬ出来事でペースが乱れると挫折感を覚えてしまいます。


ブログ執筆でも時々起こりますが、

ほどよく自分を許しながらこの「怪物」を味方につけていきたいと思います。


繁忙期でなかなかツライですが、明日も頑張っていきます!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました