おのぼりさんが家を買う⑥ ~エリア選択の軸と3つの候補~

マンション購入

こんにちは、おのぼりです!
いよいよ5月、

この記事を書こうと思った理由

シリーズ第6弾はこちら。過去5回ではこれらについて書いてきました。

第5回から始まった実践編ですが、今回はおのぼり夫婦のエリア選択について。

「どのマンションに住むか」以上に「どのエリアに住むか」は大事なポイント。
そして我々おのぼり夫婦は東京に全く地縁がないため、
親に忖度することなく好きな場所に住めるというアドバンテージがあります。

そんな我々のエリア選択の軸と選択のプロセスを公開したいと思います。

想定読者
  • エリアの選び方で迷っている人
  • おのぼりさんで東京の土地勘がない人
  • 湾岸エリアに興味がある人

おのぼり夫婦の優先順位

我が家のエリア選択の軸は大きく分けて3点です。

  1. 職場にアクセスが良い
  2. 資産性が落ちにくい
  3. 水辺が近くて開放感がある

職場アクセス

我が家は共働き総合職のいわゆるパワーカップル。

ブラック企業ほどではないにしても、定時に帰れることはほぼないので、
職場へのアクセスが良いことは必須の条件。
話し合いの結果「ドアドア45分」という数字を設定しました。

2人とも皇居より東側が職場になっているので、
対象エリアは城東エリアの江東区や墨田区、江戸川区あたりが候補となりました。

また休日の外出先も渋谷や新宿ではなく銀座日本橋あたりに行くことが多いため、
その点からも城東エリアが優位となります。

資産性

過去記事でも書きましたが、賃貸で払う家賃や敷金礼金は純粋なキャッシュアウトですが、
購入の場合は物件価格下落がローン返済よりも遅い場合、売却するとお金が返ってきます。

特に我々は夫婦どちらも転勤の可能性があるため、
そうなった場合に売るor貸すという選択肢が取れる物件であることが重要となります。

開放感

唐突ですが、私は水辺が大好きです。

実家が海の近くだったというのもあり、生活圏に海や川がある生活には強烈な魅力を感じます。

今の賃貸も隅田川からすぐのところにあり、
散歩してリフレッシュしたりベンチでビールを楽しんだりするのが日常です。

またお互い田舎出身ということもあり、
都心のごみごみしたエリアよりも、道が広くてゆったりした街の方が馴染みます。

絞り込んだエリア

これらの3点を総合的に判断して行き着いたのはこちらの3エリア。

  • 湾岸エリア (豊洲、勝どき、月島、晴海)
  • 隅田川エリア (江東区、墨田区)
  • 千葉北西エリア (幕張、市川、船橋)

それぞれおのぼりにとってのメリット・デメリットを挙げていきたいと思います。

湾岸エリア (豊洲、勝どき、月島、晴海)

いわゆる東京湾に面したエリアのことで、西側は芝浦や港南、東側は豊洲や勝どき等の街です。
開発もどんどん進んでタワーマンションが林立しており、マンション供給も活発。

そして東京オリンピックにあわせて開発された晴海エリアの大規模開発「HARUMI FLAG」
官民一体のプロジェクトであり世間の注目を集めているマンションの1つですね。

おのぼりが考える湾岸エリアのメリット・デメリットはこちら。

  • 都心すぐそこの利便性がありながら海が近くにあり、開放感が抜群
  • 年齢層が若く、開発エリアのため地縁が無いおのぼりさんも多い
  • マンション供給も多く、中古の取引も活発
  • 開発エリアなので個人経営の飲食店などは少なめ
  • 埋立地であるため液状化リスクがある

隅田川エリア(江東区、墨田区)

いま住んでいる賃貸からほどなく近いエリアで、
駅名で言うと門前仲町、清澄白河、森下、両国、蔵前、押上あたりです。

古くからある下町エリアであり、街としても成熟しています。

おのぼりが考えるこのエリアのメリット・デメリットはこちら。

  • 隅田川テラスを楽しめる
  • 立ち飲み屋から老舗の鮨屋まで飲食店のレパートリーが豊富
  • ほどよくごちゃついた雑多な感じが好み
  • 川沿いの水害リスク
  • 年齢層は高め
  • 戸建てメインの街が多く、新築マンションは小規模になりがち

千葉北西エリア (幕張、市川、船橋)

いっそ江戸川渡っちゃえ!という発想です。
おのぼりが考える千葉北西エリアのメリット・デメリットはこちら。

  • 都心より控えめな価格
  • 東京へのアクセスも良い(市川は20分、船橋は25分、海浜幕張も30分)
  • 都心に比べると資産性に不安
  • あまり訪れたことがなくゼロからのスタートになる

まとめ

読んでいただきありがとうございます。

おのぼり夫婦が考えたエリア選びの軸と、
そこから絞った3エリアのメリット・デメリットの比較でした。

次回記事では湾岸・隅田川・千葉の3エリアから、
最終的におのぼりが至った湾岸エリアについて書きたいと思います。乞うご期待!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました