【就活生向け】就活に最も大事な2つの質問、答えられますか?

Uncategorized

こんにちは、おのぼりです。

本日の記事はvoicyトップパーソナリティ、ワーママはるさんの放送から。

放送がなぜか消えてしまっており1度聞いただけの記憶ですが、

要約すると以下の通りです。

  • バイトや就活の面接で負け知らずのはるさん
  • 鉄板エピソードは大学のサークルを公式の部活動に昇格させるまでの話
  • どんな話でも自分の思考と行動を順序立てて話せればOK

就活をしていたのはもう何年も前ですが、

今回は私が考える就活で最も大事なポイントを話したいと思います。

おのぼりの就活

私は理系の大学院に進んで研究をずっとしており、

周囲のメンバーの多くは研究に関係のあるメーカーに行くのが一般的でした。


しかし就活を進めるにつれて

1つのことをずっと続けるのは性に合わないな…

ということに気が付き方向転換。
いわゆる「文系就職」に舵を切りました。

結果としては、
業界全体の採用人数が100名ほどしかないような狭き門の業界にご縁をいただき、
今の会社に入社しました。

そんな中、私が繰り返し考えていた2つの問いがこちら。

就活において最も大事な2つの質問

就活の全てが詰め込まれた2つの質問がこちらです。

  1. あなたはなぜこの会社に入りたいのか?
  2. 会社があなたを採用するメリットは何か?

この記事を読んでいるあなた、この質問にバシッと答えられますか?

企業分析やOB訪問、自己分析もインターンも全てここに通じていると思います。

あなたはなぜこの会社に入りたいのか?

これは単なる「志望動機」には留まりません。

あなたが

  • 何に対して喜怒哀楽を感じ
  • どんな人生を歩んでいきたいのか

こういったことを「ロジカルに」話す必要があります。

スケールの大きな仕事がしたいです!

と言うのであれば、

なぜスケールの大きな仕事をしたいのか、その原体験は何か

それを通して何を得たいのか、

そのための能力、覚悟、自信を自分の言葉で語らなければいけません。

会社があなたを採用するメリットは何か?

こちらも非常に大事なポイントですが見過ごされることが多いです。

面接の質問に置き換えると

  1. 強みは何ですか?
  2. 学生時代に頑張ったことは何ですか?
  3. 卒論の内容を教えてください
  4. まわりの方のあなたへの評価を教えてください
  5. 短所を改善するために心がけてることはありますか?

と、あげれば色々ありますが、

企業は学生を採用することに莫大なコストをかけています。

つまり、投資に見合うリターンをもたらす学生を採用することが人事のミッションです。


「あなたはなぜこの会社に入りたいのか?」ということをアピールできたとしても、

「自分を採用するとこんなメリットがある!」という点を伝えられなければ採用には至りません。


もちろんこちらもロジカルに話す必要がありますが、

抑えるべきポイントは再現性とマッチング。


学生時代の成果をアピールするのは簡単ですが、

「入社してもこの能力を発揮できるかな?」というのを人事は知りたいのです。

課題の発見→対策の立案→実行→評価→改善

というふうに、PDCAを回した経験を言えなければその成果は偶然なのです。


もう1点はマッチング。

あなたの強みが会社の求める人物像とマッチしているかどうか。


あなたの能力とその再現性をアピールできたとしても、

会社とのマッチングができなければ採用には至りません。


「社風」という言葉があるように、

会社にいる人たちはある程度似た人間性や能力、雰囲気を兼ね備えているものです。

まとめ

以上、就活で最も大事な2つの質問について深掘りしました。

  1. あなたはなぜこの会社に入りたいのか?
  2. 会社があなたを採用するメリットは何か?

全ての質問はこのどちらかを測るために用意されていますし、

全ての人事はこれを把握するためにあなたのESを読んだり面接をしたりしています。




面接の問いに対して漫然と答えるのではなく、

「この質問はどっちを問われているんだろう?」という事を考えて、

それに対して順序立ててロジカルに話せれば周囲の学生とは一線を画すことができるでしょう。


コロナ禍の就活ではありますが、皆様の検討を祈っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました