おのぼりの人生三大「よくやった」事案

生活

何やら仰々しいタイトルですが、ヒントはこの配信から。

皆さんも読みながら自分の中での三大「よくやった」事案を振り返ってみてください。

おのぼりの人生三大よくやった事案

30年近く生きていると色々なことがありましたが、
私の場合はこの3点です。

  1. 中学受験と大学受験
  2. 今の会社に巡り合って入社したこと
  3. 妻と出会って結婚したこと

それぞれ詳しく深掘りしていきます。

中学受験と大学受験

受験?と思われた方も多いかと思いますが、私にとって受験が人生に与えた影響は大きいです。


中学・高校・大学・大学院と受験しまくりの人生でしたが、

特に影響が大きかったのは中学受験と大学受験。


共通点は

「コンフォートゾーンを飛び出したこと」


Comfort Zoneとは、その名の通り快適なゾーン。

具体的には、自宅や家族、同僚や友人、いつもの食事など、
安心できる慣れ親しんだ環境のことを指します。

当然ながら居心地が良いので、人は基本的にここに留まろうとします。

ところが、コンフォートゾーンに居続けることは成長を阻害することがあるのです。

この理論と外側のゾーンを図解したのが以下。

出典:モチラボ



居心地の良い状態から抜け出すことは不安やストレスを感じますが、

ストレッチゾーンに飛び出すことによって人は成長することができます。

中学受験

私がいた小学校は県内でも小さめで、6年間クラス替えがない学校でした。

小学校の友達とは仲良くやっていたのですが、


世界が変わったのは友達に誘われて行った塾の夏期講習。

初めて他の学区の友達ができ、授業も学校の授業とはひと味違う面白さがありました。

地元の公立中学校も各学年2クラスほどの大きさであり、
また3年間ほぼ同じメンバーなのはイマイチだなあと思った私は受験を決意。


全校生徒150人の小学校から1学年200人の中学校に進学しました。

みんな受験していることもあり勉強がハイレベルだったのはもちろんですが、
全く新しい人間関係を作れたことは視野を広げ人生を大きく変えたと思います。

大学受験

大学の志望校選びにもこの時の経験が影響しました。


周囲の多くは地元や九州エリアの大学を受けていましたが、

中学受験で味を占めたおのぼりはみんなが行くようなところはあまり興味が持てず、

県内から数人しか進学しない大学を受験。


友人ゼロの中まったくの新天地で一人暮らしをスタートし、
勉強、部活、バイト、恋愛とストレッチゾーンにどんどん出ていきました。

今の勤務先に巡り合って入社したこと

2点目はこれ。

就職活動においても過去の経験から「みんなと違うとこに行きたい」と思い、
専攻とは全く関係のない業界に飛び込みました。

他者で働いたことがないので比較はできませんが、
今の会社は本当に働きやすく人間関係も良好。

仕事にも非常にやりがいを感じており、サラリーマンを満喫しています。

仕事が楽しくなるバランス

以前の記事でも書きましたが、大事なので再掲。

「仕事・人間関係・お金」の3要素のうち
少なくとも2つが満たされていないと仕事が辛くなっていきます。

  • 仕事は楽しいけど人間関係は希薄で給料も低い
  • 人はいいけど仕事は退屈で給料も低い
  • 給料は高いけど仕事は退屈で人間関係も希薄

今の勤務先は3要素のバランスが非常に良いのですが、

先ほど述べた通りストレッチゾーンに出ていくことは人生を豊かにしてくれます。

それも今年ブログ執筆を始めるきっかけでもあります。

妻と出会って結婚したこと

ここはもう多くを語らずとも良いでしょう。

出会った時からピンときて、2週間で付き合って半年でプロポーズして結婚しましたが、

妻のおかげで毎日幸せに暮らせています。

まとめ

皆様の三大よくやった事案は何でしょうか?

私は2021年5月時点では

  • 受験
  • 会社
  • 結婚

でしたが、
ここに「ブログ」が入るよう、これからも発信活動を進めたいと思います!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました