連休明けが不安な皆様へ ~作業興奮で脳をハックしよう~

生活

こんにちは、おのぼりです!

GWも残すところあとわずかですが、いかがお過ごしでしょうか?
我が家は本日は近所の気になっていたお店のテイクアウトを利用して外メシを満喫してきました。

今日も元気に更新していきます!

この記事を書こうと思った理由

今やおのぼりさんブログの定番になりつつあるvoicyからの着想です。
今回着想を得たのはDJ Nobbyさんの配信から。

今日からできる「やりたい事をすぐ始める方法」として、
「すぐやる、ただし1分だけ」というメソッドを紹介しています。

この方法、私もまさに取り入れているメソッドだったので聞いていてニヤニヤしました(笑)

仕事にも応用しているので、もう少し深掘りしつつ他にも使えるTipsを紹介したいと思います。

想定読者
  • 木曜日から社会復帰する人
  • 普段なかなかやる気スイッチが入らない人

めんどくさいをやっつける「作業興奮」

めんどくさいと思いつつ、やり始めたらいつの間にかリズムに乗っているという現象、
皆さんも経験したことありませんか?

この時脳内は「作業興奮」という状態にあります。
メカニズムとしては以下の通り。

  1. 手足を動かすと脳内の側坐核(そくざかく)が刺激される
  2. ドーパミンが分泌される
  3. やる気が出る

このように、例えば服を着替えたり顔を洗ったりすることで体が作業興奮状態になり、
その後の物事がサクサク進んでいくのです。

そう、

やる気スイッチが入って動き出すのではなく、
動き出すからやる気スイッチが入る
のです。

おのぼりが実践しているTips

これを利用したおのぼり流のライフハック術をいくつか紹介したいと思います。

書き出しだけ書いて保存

連休明けのサラリーマンにとって最初に押し寄せるのが大量の未読メール。

特に海外とやり取りがある業界の方だと、
休んでいるのは日本だけなのでGW中に膨大なメールが溜まってしまいます。

それを一つ一つ読んで返信や転送をするだけでも気が滅入ってしまいますよね。

それを解決するのは「とりあえず書き出しだけ書いて保存」というメソッド。

脳を作業興奮状態に持って行くには、手足を動かして側坐核を刺激すること。
つまり、1件1件ウンウン考えるよりも、とにかく手を動かすことが重要です。

メールをざっと読んでアクションが必要そうなものに対して、
返信ボタンを押して「○○様」とだけ書いて下書きに保存するのです。内容を考えるのは後。

まずはシューティングゲームのごとく手を動かして作業興奮を誘発し、
連休明けで眠っている脳を起こしてやる気スイッチ作動させましょう。

ある程度のところで下書きに溜まったメールを眺めて、
やる気スイッチが入った脳みそで優先順位をつけて1つずつ処理していけばよいのです。

このテクニックは連休に限らず日々使えるもので、
通勤していた頃は電車の中で携帯をポチポチしながら仕事モードに切り替えていました。

家事は「よーい、ドン!」で始める

こちらは家事で使えるテクニック。

私は妻と2人暮らしをしていますが、洗濯や掃除、洗い物などめんどくさい事だらけです。

しかし、家事は代行を頼まない限り誰もやってくれません。
そんな中おのぼり夫婦がよくやっているのは「よーい、ドン!」で始めるというもの。

片付けしない子どもに対して親がよくやるアレですね(笑)
一種のゲーム性を持たせることで脳をやる気にさせます。

ちなみにこれ、調べてみたら「5秒ルール」として本にもなるほど有名なもののようです。

ジャンケンで決める

もうひとつの家事テクニックは「ジャンケン」です。

それもただのジャンケンではなく、
「勝った方が皿洗い、負けた方が洗濯ね」という風に、
夫婦のどちらかがやるのではなく「両方何かをやる前提」のジャンケンです。

これも心理学で言うところのダブルバインドですね。

デートのお誘いで「ディナーに行かない?」と言う代わりに、
「気になっているイタリアンと中華があるんだけど、どっちがいい?」というアレです。

まとめ

以上、最後の方は話が少し逸れましたがおのぼり流のライフハックでした。

正直どれもめちゃくちゃ使えると思うので、皆さんぜひ試してみてください!
そして「こういうのもあるよ!」というのがあればぜひ教えてほしいです。

以上!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました