ふるさと納税、ちゃんと控除されてる? 住民税決定通知書の見方

生活

住民税決定通知書

皆様の手元には届きましたか?

私もちょうど昨日届いたところです。


毎年この季節になると届くこの書類、ちゃんと中身を確認していますか?

この記事では、住民税決定通知書の見方と確認すべき事項を簡単に紹介します。
※サラリーマン向け

住民税決定通知書に書かれていること

大きく分けて3つのパートに分かれています。

  1. 所得
  2. 所得控除
  3. 税額

それぞれ詳しく見ていきますが、

大前提としてこの数式を覚えておきましょう。

  1. 総所得ー所得控除=課税標準
  2. 課税標準×税率ー税額控除=所得割額
  3. 所得割額+均等割額ーその他(控除不足額等)=納付額

所得

所得欄には昨年のあなたの所得が書かれています。

住民税は後払いの税金なので、今年の住民税は去年の所得に基づいて算出されます。

社会人1年目で住民税の徴収が無いのもこれが理由ですね。



所得欄で見てほしいのはコチラの2点。

  1. 住民税決定通知書の給与収入=源泉徴収票の支払金額
  2. 住民税決定通知書の給与所得=源泉徴収票の給与所得控除後の金額

これらがキッチリ一致しているか確認してみましょう。


間違えていることはほとんどないかと思いますが、

人間が処理している以上ミスは0%ではありません。

万が一数字が違っていたら、居住地の税務署に確認することをオススメします。

所得控除

お次は所得控除欄。

ここでは各種所得控除が記載されているので、

年末調整or確定申告で申請した控除が漏れなく反映されているかを確認します。

具体的にはこちら。

  • 基礎控除
  • 社会保険料控除
  • 配偶者控除、扶養控除
  • 医療費控除
  • 小規模企業共済
  • 生命保険料控除、地震保険料控除

独身or共働きで保険も何も入っていない人は、

基礎控除と社会保険料控除欄だけ数字が入っているかと思います。

iDeCoの掛金が反映されているか

最近だいぶ普及してきたiDeCoをやっている方は、

年間の掛金が「小規模企業共済」に反映されているか確認しましょう。


掛金が所得控除されるのがiDeCoの大きな強みなので、

ここが正しく反映されているかどうかは非常に重要。

もし反映されていなければ税務署に確認しましょう。

ふるさと納税が適用欄に反映されているか

昨年ふるさと納税をしてワンストップ特例申請が正しく行われていれば、

「寄付金税額控除額」が適用欄に書かれているので、

その金額が「寄付金額ー2000円」になっているか確認しましょう。

もし反映されていなければ税務署に確認しましょう。

  • 記載がない、寄付金額-2000より多い→居住地の税務署に確認
  • 寄付金額-2000より少ない→ワンストップ特例申請が正しく行われていない

税額

課税標準

ここまで見てきた給与所得金額と所得控除合計から、課税標準が計算できます。

課税標準=総所得金額ー所得控除合計
※1000円未満は切り捨て

ここから税額を算出しましょう。

住民税の税率は10%ですが、内訳は以下の通り。

  • 市町村民、区民税=6%
  • 道府県民税、都民税=4%

例えば東京都在住のサラリーマンの方で課税標準が300万円の場合、

区民税=18万円
都民税=12万円

となります。

税額控除

ここから引かれていくのが税額控除。

具体的にはこのあたり。

  • 住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)
  • ふるさと納税(=寄付金税額控除額)
  • 調整控除
  • 配当控除

税額控除は所得控除と異なり税額からダイレクトに控除される分、効果も絶大です。

ここまでで所得や諸制度に準じた部分の計算が終わり、

所得割額が算出されます。
※100円未満は切り捨て

均等割

所得割額が所得や各種控除に基づいて計算される一方、

均等割はいわゆる「定額部分」です。

基本的には

  • 市町村民、区民税=3500円
  • 道府県民税、都民税=1500円

計5000円です。

あとは不足分の控除や納付済税額を差し引けば、納付額の出来上がり。

改めて、こちらの手順で計算した数字と合致しましたか?

  1. 総所得ー所得控除=課税標準
  2. 課税標準×税率ー税額控除=所得割額
  3. 所得割額+均等割額ーその他(控除不足額等)=納付額

途中切り捨てなどもあり複雑な計算ですが、

一つ一つの所得や控除の意味を理解できる非常に良い機会なので、

ぜひ一度自分の手で計算してみてください

まとめ

若いころは気にも留めていなかった給与明細や源泉徴収票、そして住民税通知。


サラリーマンである限り、

税金や社会保険料は知らず知らずのうちに控除されていきます。

あ~何かたくさん引かれてるな~

ここの数字はここと繋がっていて、
あの制度を使ってるから控除されてるんだな

どちらが自由な人生を生きていけるかは一目瞭然ですよね。


コロナウイルスもそうですが、

「なんとなく怖がる」のと「理解して怖がる」の差はとてつもなく大きいです。


仕組みを知れば制度もうまく活用できるようになるので、

どんどん学んで賢くしたたかに生きていきましょう!




以前の記事ですが、

給料の決まり方と「なぜ給料が足りないのか」の解説も書いたのでぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました