世の中に「落ちているお金」拾いませんか?

生活

未だに先が見えないコロナ禍ですが、そんな中でも朗報。

今日はこの企画に触れつつ、
これから着想したことを書いていきます。

地域商品券について

コロナ禍で苦しむ地元の商店街を活性化しよう!

というコンセプトで、各地で商品券が発行されていますね。

飲食店でもお得な回数券やチケットが発行されいるのを見かけます。

江東区の例

地域によって詳細は様々ですが、江東区の概要はこちら

  • 発行数:20,000冊
  • 販売単位:1冊10,000円(1枚500円の商品券×24枚つづり12,000円分)
  • 購入限度中学生以上お一人5冊(5万円)まで1家族3人分まで

1冊10,000円で12,000円分の商品券をゲットできるという、
利回り20%の最強のチケットです。

昨年も同じ企画があったので20,000円分購入して24,000円分エンジョイしました。

使えるお店は?

こちらに全店舗が掲載されていますが、なんと800店舗が対象

ありすぎて書けませんが、ジャンルも様々です。

  • 飲食店、カフェ、居酒屋、コンビニ
  • お肉屋さん、八百屋さん、魚屋さん
  • 理容室、美容室、マッサージ
  • スーパー、ドラッグストア

最強の使い道

おのぼりが考える最強の使い道は「生活必需品」を買うこと。


普通の大手ドラッグストアも対象なので、
トイレットペーパーや洗剤、ティッシュなどを買うことができます。

これらのものは生きている限り必ず発生する「固定費」であり、
ここを節約できると家計への影響は大きいです。

世間には意外とお金が落ちてる

ここから先は商品券か連想した話。


ちょっと語弊があるかもしれませんが、

世間にはときどき「お金が落ちている」ことがあります。

もちろん田舎の自販機のおつりのように物理的に落ちている訳ではないですが、

ひと手間かければ拾えるお金が実は世の中に溢れています。

ふるさと納税

おトク制度の代表とも言っていいでしょう。

難しくてよくわからん!という方も多いかと思いますが、一言で言うと

税金を前払いすると手数料2,000円でお得な返礼品をあげるよ!

という制度です。


厳密に言うと節税ではなくただの前払いですが、
ただ垂れ流す税金を前払いするだけで返礼品をたくさんもらえるなら使わない手はないですね。


もしふるさと納税が損になるケースがあるとすればこちら。
しかし、①以外は使い方を間違えなければデメリットでも何でもないですね。

  1. 寄付した翌年に海外移住する
  2. 限度額を超えてしまうと超過分は控除されない
  3. 手続きをミスすると控除されない


以前の記事でも紹介しましたが、分かりやすすぎるので再掲。

第199回 【誰でもできる】ふるさと納税で生活費をトコトン節約する具体的な方法【お金の勉強 初級編】
【ふるさと納税2020完全版】やらなきゃ損?始め方は?確定申告どうするの?…疑問すべてに税理士が答えます!

QRコード決済の還元祭

ここ何年かで急速に浸透したコード決済、皆さん使ったことはありますか?

各社がシェア獲得のために資金をジャブジャブ投入しており、
通常では考えられないぐらいの還元率となっていますね。


直近では3月の超Paypay祭の20%還元が記憶に新しいです。

楽天経済圏

こちらも両学長の普及活動でだいぶ有名になってきましたね。

私もクレカはもちろん携帯電話や電気などを楽天に移行して、
毎月数千~10,000ポイントを得ています。

そしてそのポイントで食費や日用品などの消費にあてて節約しています。


1つ気を付けたいのは「ポイントは必ず使い切ること」

ポイントが貯まっていくのは楽しいですが、
現金に比べて不便なのに利息がつかないという大きなデメリットがあります。


詳しくはこちらの動画をご覧ください。
個人的には学長動画の中でもトップクラスに好きです。

第237回 【必ず使い切れ】ポイントを「絶対に貯めずに使い切るべき」5つの理由【お金の勉強 初級編】

まとめ

「お金が落ちている」例をいくつか挙げてみましたが、皆様はどの段階でしょうか?

  1. 知っているし、行動している
  2. 知っているけど、何をすればいいかよく分からない
  3. 知らないが、興味はある
  4. 興味がない

おそらく大多数の人が目の前に100円玉が落ちていたら拾うでしょう。

それはその動作が簡単だから。

しかし、今回例に挙げたようなことを行って
落ちているお金を拾っている人は多くありません。

私の同僚の多くも、

ふるさと納税、お得なのは何となくわかるけど毎年見送ってるな~

キャッシュレスってなんだか不安、本当にお得なの?

こんな感じで日々を過ごし、
その割にはお金がないと嘆いています。

余談ですが、サラリーマンの給料がちょっと足りないと感じるのは当たり前です。



今回挙げたのはほんの一例で、

伝えたいことは「興味があるならトライしてみよう」ということ。


知らないことを始めるのはちょっと勇気がいりますが、
早ければ早いほど効果は大きいので、まずは小さなことでも行動してみましょう!

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました